スポンサーリンク

低身長にワイドパンツは似合わない?着こなしのコツと丈や色とデニムや冬・夏の素材からシルエットに注意!メンズのコツも紹介

低身長はワイドパンツが似合わない?低身長のコーディネート

低身長にワイドパンツは似合わないと感じるのは、
下半身が膨張して見えたり、もさっとした印象になるから。

さらに、低身長でぽっちゃり体型だと
ワイドパンツが流行しても似合うものが探せず、
うまく着こなせないのが悩みかもしれません。

ですが、ワイドパンツも選び方さえわかれば、
低身長でもどんな体型でも万能アイテムになるんです!

この記事では、低身長のワイドパンツの選び方や
似合わないを解決する着こなしのコツをご紹介しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

低身長にワイドパンツは似合わない?選び方のコツ

低身長でちょっとぽっちゃり体型だと、
下半身の面積が広がるワイドパンツは苦手意識があるはず。

私も同じような悩みを抱えていて、
長いことワイドパンツが履けませんでした。

とにかく下半身の面積が広がって見えるので、
ボリュームが出すぎて、よけい太って見えるのが怖くて。

低身長でぽっちゃり体型なら、
ボトムスは縦長のシルエットの『Iライン』を意識して、
細見え効果を狙いたいですが、
ワイドパンツだとバランスが取りづらいんですよね。

そこで、低身長のワイドパンツ選びに苦労してきた私が、
色や素材に小物使いなど、選び方のコツをご紹介します。

素材とシルエット

低身長に似合うワイドパンツは、
ストンとした落ち感のある素材を選ぶこと。

さらに、脚のラインをはっきり拾わず、
太ももの太さが気にならないくらいの、
適度なゆとりのあるものをチョイスするのがポイントです。

また、ハリのある素材が好みならデニム素材もおすすめ。

デニムを選ぶときは、ワンウォッシュなど濃いめの色で、
着こなしはカッコよくクールにまとめるのがいい感じ。

【 ↓ ↓ ↓  インディゴブルーなどの濃いめのデニムで ↓ ↓ ↓ 】

 

逆に、ライトブルーなど薄めのデニムで、
ゆとりのありすぎる幅の広いワイドパンツにすると、
よけいに太って見えるので気をつけてくださいね。

イメージとしたら、ダボッとしたワイドパンツは選ばないこと。

なるべく下半身の広がりを抑えつつ、
縦長のストレートラインを作れるワイドパンツを選ぶのが、
低身長さんにはおおすすめです。

以前は、ヒップハングで太ももピッタリが流行でしたが、
最近のトレンドは太ももまでゆとりがあるタイプ。

全体的にゆとりのあるシルエットも多くて、
ぽっちゃり体型でも適度にフィットするワイドパンツが見つかるはずです。

濃い色と白色がおすすめ

気に入った素材が見つかったら、
次はワイドパンツの色(カラー)選びです。

低身長で下半身のボリューム感が心配な人は、
引き締め効果のある濃いめの色やカラーを選ぶと、
さらにワイドパンツ選びが失敗しにくくなります。

たとえば、濃いめの色の中でもチャコールグレー、
ネイビーや濃いめのカーキーなど、
何にでも合わせやすい定番色を選ぶといいですね。

もちろん、黒(ブラック)も定番色ですが、
低身長だと重たく見えるし、マンネリ化しやすいので注意。

あなたも、痩せ見え効果ばかりを重視していたら、
いつの間にかパンツが黒色ばかりになってしまった!
なんて経験ありませんか?

低身長なら、物理的に下半身の面積も少ないので、
黒色以外のカラーも主張しすぎずに着こなせますよ。

どうしても、黒色を選びたいときは、
足首を見せるくらいの丈にすると低身長はバランスよく見えますね。

【 ↓ ↓ ↓  ブラックなら足首見せがポイント ↓ ↓ ↓】

 

なので、尻込みせずにトライしてみると、
意外と新しい発見ができるかもしれません。

また、淡い色なら思い切って白色(ホワイト)を選ぶのもあり!

私は145cmのぽっちゃり体型ですが、
とろみ系素材のホワイトのワイドパンツを購入してから、
毎年夏には大活躍させていますよ^^

【↓ ↓ ↓ とろみ系のワイドパンツなら脚の太さが気にならない ↓ ↓ ↓】

 

パーソナルカラーも意識する

実は、茶色やブラウン系のカラーは、
パーソナルカラーによっては、要注意の色。

私はパーソナルカラーがウィンタータイプで、
実は、茶色やブラウンが全く似合わないんです。

なので、靴以外で茶色やブラウンのワードローブを
私は1着も持っていません。

あなたのパーソナルカラーによっては、
茶色やブラウン系のカラーも色味によっては、
似合う似合わないの差がはっきり出やすいです。

選ぶときには、顔周りに当ててみて、
顔がぼやけて見えないか確認するといいですね。

サマータイプの人も茶色やブラウン系のカラーは、
少し選び方が難しい気がします。

ちなみに、私は夏に爽やかな印象になる
白色のワイドパンツを履くようになって、
コーデを褒められることが増えました。

【↓ ↓ ↓ ホワイトなら爽やかで低身長でもすっきり ↓ ↓ ↓】

 

しかも、トップスに引き締めカラーを持ってこれば、
小顔に見られますし、低身長でもワイドパンツが
重たく見えないところが気に入っています^^

パーソナルカラーがわからない人はこちら⇒【無料】パーソナルカラー診断

骨格診断と一緒に似合うワイドパンツを探したい方は、
こちらの記事にも詳しく記載しています。

>>>骨格診断してもわからない自己診断の結果に悩む人必見!

チェック柄やアニマル系の柄はダメ?

タータンチェックにグレンチェックや
アニマル系の柄(レオパード・ダルメシアン・ゼブラ・パイソンなど)など、
ワイドパンツでも柄ものが気になるという人も、
中にはいるかも知れませんね。

トレンドにもなるチェックや柄ものは、
気になるアイテムかもしれませんが、
おしゃれ上級者さんでないと、
トップス選びが難しくて着回しにくいかも。

柄物はコーデの幅が狭くなりやすいので、
低身長のワイドパンツの初心者さんには、
私はおすすめしませんね。

実際に、私もチェック柄のパンツはほとんど選びませんし、
クラッシックなイメージのチェック柄だと、
スタイルがトラッドになりすぎたり、コーデが難しいんです。

しかも、視線が脚に集中するので、
さらに脚の太さが目立って、失敗することも考えられます。

どうしても、柄もののワイドパンツが履きたいときは、
無地でも織り柄が入っているものや、プリーツ加工がされているものにして、
ちょっとした変化をつけて、楽しむほうが無難ですよ。

スポンサーリンク

低身長のワイドパンツの着こなしのコツ

最近のワイドパンツは、以前と比べて本当に種類が豊富。

適度にゆとりがあるのと、ウエストがゴムの仕様も多いので、
体型カバーしつつ、締め付け過ぎずにリラックスして履けるので、
ぽっちゃり体型にはありがたいですよね。

ハイスエストタイプやベルト付きでポイントを

でも、ぽっちゃり体型だとお腹周りが気になるので、
さりげなく自然とカバーはしたいもの。

自分の体型にあったサイズを選ぶのはもちろんですが、
ウエスト位置が高めなハイウエストタイプや、
付属のリボンやベルトに飾りボタンなどで、
ウエストをマークするものもおすすめ。

お腹のハリを目立たせないようなデザインもありますが、
基本の着こなしは、トップスインが前提のようで……。

低身長には、トップスインの着こなしは、
脚が長く見せられるので、理想的なコーデですが、
それって、低身長でも細めな体型の人の場合では?

低身長でぽっちゃり体型だと足長効果よりも、
どうしてもお腹周りが気になる!ってのが本音。

そんな時は、トップスをインしてから、
服をちょっと戻してふんわりさせてみて。

なるべくウエストラインを見せないようにするのが、
こなれて見える着こなしのコツですよ。

トップスは明るい色でバランス重視

低身長でぽっちゃり体型さんなら、
ワイドパンツは濃いめの色を選ぶことが多いですよね。

そんな場合は、明るい色をトップスに持ってくるとバランスがよく、
サイズも大き過ぎず、素材は軽めに見えるものがおすすめ。

ワイドパンツ自体にボリュームがあるのに、
トップスがもこもこしていたら、低身長でなくても着ぶくれするだけ。

また、濃いめのワイドパンツを選んだら、
上半身はホワイトやべージュなどのクリーム系や
ワイドパンツと同系色の淡い色選ぶのがおすすめ。

視覚的に分散されてスッキリ見えるので、
低身長さんにはぴったりなんですよ。

ボーダー柄には注意

ときどきトップスに柄ものが着たくなって、
ボーダー柄なら定番だし、大丈夫と安心していたら、
低身長にはちょっとした落とし穴かもしれません。

実は、低身長でぽっちゃり体型にとって、
横にラインを増長させるボーダー柄は要注意なんです!

定番とはいえ安心できないアイテムになるので、
選ぶときは、ボーダーの幅やサイズ感にも気を配って。

ワイドパンツのコーデで、
どうしてもトップスに柄ものが着たいときは、
ギンガムチェックかストライプなど、
細かい柄の方が失敗が少なくおすすめですよ。

メンズで低身長のワイドパンツは似合わない?

メンズでワイドパンツが似合わないと感じる人は、
足が短く見えるのを気にしているかもしれません。

でも、レディース同様にメンズでも、
幅の広すぎないワイドパンツを選べば、
低身長でも似合わないと悲観することなく着こなせますよ。

たとえば、サルエルパンツのように太ももが広すぎるワイドパンツだと、
足が余計に短く見えますから注意してください。

もっと脚長効果を狙うなら、ハイウエストでトップスインするのもひとつの方法。

全体的なシルエットは、タックが入ったテーパードパンツで、
太ももに幅があるワイドパンツがいいですね。

あとは、レディースと同じで、足を全部隠すのは避けること。

野暮ったくなるので、足首は少し見せて
ソックスの色で抜け感を出すのがポイントです。

私の知り合いの小柄な美容師さんは、
いつもハットを被って身長アップを狙っているんだとか。

いつも、絶妙におしゃれなんですけどね、
ちゃんと努力されているんだなって思いましたね。

低身長はワイドパンツが似合わない?選び方のまとめ

ちょっと前までの私は、
低身長で脚も太いとか長くないとか、
自分のスタイルに自信がなさすぎて、
ワイドパンツは履けないと勝手にあきらめていました。

でも、ダメ元で試着してみたら、
似合わないって思い込んでいたのかな?
なんて、ちょっと不思議な気持ちになったんです。

絶対無理だと思っていても、
ワイドパンツの選び方にこだわれば、
低身長でも似合わないなんてこと、ないですよ!

履いて歩けば褒められるし、
私にとっては、新しい発見で自信につながりましたね。

ワイドパンツはとにかく太もも周りが楽ちんだし、
デニムのように生地が素肌にまとわりつかないので、
ぽっちゃり体型だと快適で、履いてみるとメリットも多いもの。

もし、低身長でワイドパンツが似合わないと思っているなら、
この記事の内容を参考にして、思い切って試着してみてください。

きっと、あなたに似合うワイドパンツが見つかるはずですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
みにー

はじめまして、食べることとファッションが好きな小柄女子・管理人の【みにー】と申します。身長145cm、体重はごにょごにょ(笑)ちょっとぽっちゃり体型でしたが、最近ダイエットして-3kgを達成!ダイエットや低身長でもバランスよく見えるコーデと洋服のお直しとサイズの調整方法を中心にご提案しています。

みにーをフォローする
低身長のコーディネート
みにーをフォローする
低身長のコーデ&食べるの大好き女子のファッションとダイエット
タイトルとURLをコピーしました