スポンサーリンク

低身長はタイトスカートが似合わない?長さは膝丈かロングで色は黒かグレー?おすすめブランドや通販からコーデと着こなしを紹介

低身長のタイトスカート 長さや素材と形で選ぶ低身長のコーディネート

低身長でタイトスカートが似合わない!とお悩みなら、
ロング丈や膝丈など長さのほかに、色とシルエットや形が重要。

ただ、低身長でちょっとぽっちゃり体型だと、
下半身がムチムチしてバランスのよい着こなしができない!
というのも悩みかもしれません。

できることならちょっとでも細く見えたり、
おしゃれに見えたらいうことないですもんね。

この記事では、低身長やぽっちゃり体型が着ても似合う、
タイトスカートのコーデと選び方のポイント、
着こなしのコツやおすすめのブランドをまとめています。

タイトスカートが似合わないと感じている人の
悩みを解決する手助けになるとうれしいです^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

低身長だとタイトスカートは似合わない?選び方がポイント

低身長の人が上手にタイトスカートを着こなすには、
まずスカート丈や長さに注意して選ぶのがポイント。

背が低いからロングのタイトスカートは似合わない、
なんてあきめていた人も、長さに気をつければ、
けっこう着こなせるものなんです。

膝丈やロング丈など長さが重要

低身長でも似合うタイトスカートを選ぶには、
タイトスカートの長さがとっても重要。

低身長の私の経験からすると、
失敗しにくいタイトスカートの長さは、足首が見えるくらいの長さ。

最近は、膝丈やロング丈のほかミモレ丈などハンパ丈もありますし、
試着してちょうどよい長さをみつけるのもいいですね。

低身長だと、脚はなるべく隠したいと思っていても、
脚を全部隠してしまうと逆効果になることも。

脚を隠しすぎるとコーデにメリハリがなくなって、
かえってダサくて野暮ったい印象になることもあります。

服をセンス良く、しかもバランスの取れたスタイルに見せるには、
自信のない部分も隠すばかりでなく、適度に見せることも大切。

それでも、膝丈くらいの長さだと脚がしっかり見えてしまうので、
低身長さんでも細め体型ならまだしも、
年齢によっては微妙な感じになりますよね……。

なので、最低でもふくらはぎくらいまでは、
タイトスカートの丈の長さがあると安心できますよ。

おすすめはソックスが見えるくらいの丈なので、
足首より少し上の長さのタイトスカート。

最近のスカートだとミモレ丈など、
中途半端な丈や長さも多いので、
低身長でもあなたの理想の長さに出会えるはずです。

【↓ ↓ ↓  長さがセルフカットできる!お直しいらずはこちら ↓ ↓ ↓】

 

素材と形とシルエットは広がりすぎないもの

低身長でちょっとぽっちゃり体型なんだけど、
それだとタイトスカート似合わないかなとお悩みの方は、
足の太さやお尻の大きさを気にしすぎているのかも。

もちろん、私も脚やお尻にはあまり自信がないので、
その気持ちはよく分かります。

できることなら、本当は下半身を全部隠したい……。

そこで、長さの次にポイントとなるのが、
タイトスカートの素材と形やシルエット。

体型は個人差が大きいですが、
ストレートシルエットのものであれば、
比較的誰でも似合う形と言われることが多いです。

でも、低身長でちょっとぽっちゃり体型だと、
骨盤の張りやお尻の大きさがきになると思うので、
タイトスカートの選び方にはもうひと工夫が必要。

コツは、タイトスカートの中でも、ニットスカートなど、
体にフイットするような素材は選ばないこと。

できれば、なるべくハリのある素材で、
腰回りのラインがあまりはっきり出ないものを選ぶのがいいですね。

それから、タイトスカートは縦のラインを強調してくれるので、
実は低身長を気にしている女子にとっては、
全身のバランスがとりやすくて、おすすめのアイテムですよ。

【↓ ↓ ↓  縦ラインを意識するならこちら ↓ ↓ ↓】

 

骨格診断と好みや例外も検討して痩せ見え効果

そうは言うものの、長さやシルエットにこだわって選んでも、
体型によっては、ほかに似合うものもありますし、
あなたの好きなシルエットもありますよね。

あなたに似合う理想的なタイトスカートを見つけるには、
自分の体型を知ることも大切。

そんなときに役立つのが骨格診断です。

ただ、自己診断だとよくわからなくなることもあるので、
私なりに考察した内容を別記事でまとめています。

骨格診断に納得できない方は、よろしければ参考にご覧ください。

>>>骨格診断の結果がわからない!もやもやの理由

 

私の場合、骨格診断の結果は、骨格ストレート。

脚やお尻は決して小さくないですが、骨盤が張ってない体型で、
タイトスカートならストレートのシルエットのほかに、
ゆるめのマーメードラインのもありでした。

私は低身長でちょっとぽっちゃり体型なので、
マーメードラインなんて無理かなと思ったのですが、
チャレンジしてみるとうまく着こなせることもありますね。

全体的にメリハリがついて見えるのか、
『最近ちょっと痩せた?』と聞かれることが増えるので、
正直全然痩せてないんですが、悪い気はしませんでした。

むしろ、ちょっといい気分になれましたし、
タイトスカートは、自分に似合うものって必ずあるんだなと、
履くたびに実感していますね。

ファッションも先入観にとらわれてばかりでは、
新しい発見がなかなかできないかもしれません。

【↓ ↓ ↓  ゆるめのマーメードラインはこちら ↓ ↓ ↓】

 

ストレートのシルエットでも、
私にとってニット素材はちょっとハードルが高め。

ニット素材のタイトスカートは、秋冬になると暖かそうで、
今年は履いてみようと試着をするのですが、そのたびに撃沈。

ニット素材のタイトスカートの攻略方法を見つけたら、
またご紹介させていただきますね。

低身長のタイトスカートのコーデや着こなしのコツ

低身長のタイトスカートのコーデのコツは、
ズバリ、トップスをコンパクトにまとめること。

ですが、これだとバランスは取りやすいですが、
トレンドのトップスインは、
ぽっちゃりさんにはちょっと拒絶反応があるもの。

ウエストをはっきりさせた着こなしの方が、
背が低いことはカバーできるのですが、
それでは、おなかのポッコリは丸出しになっちゃいますよね。

私もトップスインに何度かチャレンジしているのですが、
毎回なんとなく野暮ったくなっているような気もします。

ぽっちゃり体型のトップスインのコツ

そこで、私はトップスインするとき、
前だけインしてちょっと戻してふんわりさせます。

ふんわりさせてた部分をお腹にかぶせて、
お腹の出っ張りを隠すのを意識しています。

このテクニックを使うようになってから、
お腹のぽっちゃり感が、あまり気にならなくなったんですよ~。

ゆるピタコーデで全体にメリハリ

それでもトップスインが苦手な人は、
ストレートシルエットのタイトスカートを選んで、
ゆるピタなバランスのとり方で、
着痩せ効果を狙った方がおすすめ。

スカート自体がコンパクトにまとまっている分、
トップスをオーバーサイズのものにして、
全体にメリハリをつけるコーデをするだけでOK。

例えば、ニットのトップスなら、
リブ編みタイプなどのピッタリ系ではなく、
適度なゆとりのあるものを選んだり。

カットソーであれば、袖がひらひらしているものや
フレアな形を選んでみると、二の腕も太さもごまかせて、
簡単にゆるピタなスタイルを作ることができますよ。

低身長のタイトスカートでおすすめのブランド

低身長さんにおすすめのタイトスカートが探せるブランドは、
通販のプチプラブランドに多いです♪

とくに低身長モデルの田中亜希子さんがセレクトしている、
フィフスや神戸レタスは、着こなしの参考になりますね。

COHINAは、少しお高めですが、
低身長に特化したブランドになっていますよ。

スポンサーリンク

低身長はタイトスカートが似合わないのまとめ

実際に、低身長の私のワードローブの中で、
よく着まわしているタイトスカートをピックアップすると、
足首が見えるくらいの丈が圧倒的に多かったです。

ちなみに、ちょっとぽっちゃり体型の私には、
色は黒か紺かカーキーが定番で、
グレーは膨張して見える可能性があります。

基本的に濃い色のタイトスカートのほうが痩せ見えしますし、
全体のバランスがとりやすくて、コーデもしやすい印象ですね。

私は脚がむくみやすく太めの洋ナシ形体型なので、
いつもタイトスカートの選び方に悩まされていました。

そんな私でも、足首がみえる丈を目安に
タイトスカートを選ぶと実際よりもスッキリ見えて、
バランスのよいコーディネートが可能に!

大人っぽくも見えるし、褒められることも多いので、
低身長とかぽっちゃり体型を気にしすぎて、
タイトスカートを履かないのはもったいないと思います。

コンプレックスが多いと服選びも消極的になりがちですが、
あなたに似合うタイトスカートを見つけてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
みにー

はじめまして、食べることとファッションが好きな小柄女子・管理人の【みにー】と申します。身長145cm、体重はごにょごにょ(笑)ちょっとぽっちゃり体型でしたが、最近ダイエットして-3kgを達成!ダイエットや低身長でもバランスよく見えるコーデと洋服のお直しとサイズの調整方法を中心にご提案しています。

みにーをフォローする
低身長のコーディネート
みにーをフォローする
低身長のコーデ&食べるの大好き女子のファッションとダイエット
タイトルとURLをコピーしました