スポンサーリンク

パンプスが脱げるなら100均で応急処置【小さい足の対策グッズ】

パンプスが脱げる!100均の応急処置と対策グッズ洋服のお直しとクリーニング

パンプスが脱げるなら、とりあえず100均で応急処置できます!

靴の構造にもよりますが、だいたいパンプスが脱げる人って、
低身長さんか足の小さい人に多いですよね。

もちろん私も低身長で足が小さいので、
自分にピッタリ合うパンプスなんてほとんどないのが現状。

ジャストサイズを選んでも、履いていればかかとはパカパカしてくるし、
小さめを選べは、つま先がきつくて痛くなる・・・。

この記事では、パンプスが脱げると困るときの100均グッズと
かかとのパカパカ対策についてまとめています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パンプスが脱げるときの対策は?

足の小さい人や低身長だと、だいたいパンプスのサイズが大きいので、
かかとがパカパカしてパンプスが脱げることが一番多い悩み。

外出中にパンプスが脱げると困ったときも、
100均のグッズでできる応急処置があるのでご紹介します。

ダイソーのシューズバンド

パンプスが脱げる緊急事態なら、見た目のことはちょっと度外視。

とにかくパンプスが脱げずに歩けるようになるものが一番。

ということで、ダイソーのシューズバンドがおすすめ♪

このシューズバンドは透明タイプのクリアとブラックがあるので、
あなたの履いているパンプスの色味に合わせて選ぶといいですよ。

クリアは、透明のチューブみたいな感じで、
そんなに伸縮性はなく素材はポリウレタン。

透明で目立たいのですが、色はなくてもビニールのテカテカした光沢はあるので、
暗めの色味のパンプスだと逆に目立つこともありそうなのが難点かも。

なので、暗めの色味のパンプスの場合は、
黒いシューズバンドを選んだほうがいいかもしれません。

どちらも、見た目はストラップ付きパンプスみたいになっちゃいますけど、
バンドでパンプスを固定するので効果はバツグン。

ただし、このシューズバンドは3cm以上のパンプスに使用しないと、
地面と擦れてしまって切れることもあるようで、
ぺたんこ靴のパカパカ対策には、使えないかもしれませんね。

フラットソックスを重ね履き

パンプスが脱げる場合の100均グッズの応急処置ですが、
シューズバンド以外でできることもまだあります。

それが、フラットソックスを重ね履きする方法。

あなたの履いている色味に合わせたフラットソックスを、
ストッキングやタイツの上から重ね履きして、
大きいパンプスとの隙間を埋めて、パンプスが脱げないようにします。

いや、これめちゃ簡単なんですけどね、
場合によっては、フラットソックスを2枚重ね履きする必要もありそう。

しかも、パンプスからフラットソックスがはみ出て見えると、
シューズバンド以上にカッコ悪いかも・・・。

靴擦れも同時に対処できるのでメリットもありますが、
見た目的に私はあまりおすすめしませんね。

スポンサーリンク

かかとパットで脱げ防止

次のおすすめはかかとパット。

かかとパットは、パンプスのかかとに貼り付けて、
パンプスとかかとの密着度を高めて脱げなくする方法。

足のかかともちょっとくびれているので、
本来は靴のかかとも少しくびれていると脱げにくいのですが、
ただ丸いかかとの形のパンプスもあるので、脱げやすくなるんですよね。

私には、かかとパットは合うみたいでお気に入り。

ですが、100均のものだと粘着度がやや弱かったり、
かかとパット自体の素材に滑り止め効果が乏しくて、
しばらく履いているとまた滑りやすくなってしまうことも。

なので、結局パンプスが脱げるって最悪な事態も起こりますね。

緊急事態なら100均で対応も仕方ないですが、
私は耐久性があるドクターショールのかかとパットもおすすめ。

ドクターショールは600円くらいするので、
お値段は6倍違いますけど、それだけの価値はあると実感。

また、かかとパットはジェルタイプのものもあって、
見た目も目立ちにくく、洗えば繰り返し使えるというのがウリ。

ですが、パンプスを脱いだり履いたりを繰り返すとすぐに剥がれるため、
煩わしくなって私は使うのをやめてしまいました。

ホコリがすぐに付くので粘着力もすぐ弱まるし、
取れてしまうのがイラッとするし、一番面倒なんですよね。

中敷きとインソール

中敷きやインソールは、とくに冬場におすすめ^^

パンプスって足先が冷えやすいので、
遠赤外線の中敷きとかウール混のインソールとか、
靴の下に入れるカイロなんかも活用しちゃっている私です。

とにかく温かいし、靴のサイズ調整もできるし便利ですが、
足の甲が高い人には、中敷きやインソールは不向きかも。

パンプスだとつま先のほうが逆に圧迫されて、
かかとの悩みは解決できても、足先の悩みが増える場合があります。

つま先パット

足が小さい人は、誰でも経験していると思うんですが、
小さい足で大きい靴を履いていると、自分のつま先でつまずくんですよね。

これ、笑っちゃうんですが、本当によくある小さい足あるあるだと思います!

とくに、高めのヒールのパンプスだと、つま先に足が滑ってしまうので、
つま先にクッションを入れることによって、かかとの位置を調整するんですね。

つま先にクッションを私も使うことがありますが、
効果は靴のデザインにかなり左右されるかもしれません。

私の場合は、この靴にはつま先パットを入れたほうがいいなという場合もあれば、
つま先パットを使っても、全然効果が感じられなくてパンプスが脱げる場合もあります。

そんな場合は、つま先パットとかかとパットを併用したり、
ほかの対策グッズとつま先パットを一緒に使って様子を見ますね。

あなたの足の特徴によって合う合わないがあるので、
靴のサイズ調整の専門店で、
ピッタリなものを探してみるのもおすすめです。

インソール専門店 PhoenixSole

パンプスが脱げるときの対策のまとめ

パンプスが足に合わないと、
かかとがパカパカして歩きにくかったり、
靴擦れを起こしたり、つま先が痛くて歩けないなど、とにかく困ります。

急にパンプスが脱げるときは、とりあえず100均で応急処置できますが、
その種類も実はいろいろあります。

低身長で足の小さい人は、パンプス選びやサイズ調整に悩まされますが、
手持ちのパンプスの形やあなた自身の足の形によっては、
申し訳ないのですが、私のアドバイスが合わない場合もあるはずです。

なので、まずはあなた自身の足の形を把握してから、
靴のサイズ調整の専門店などのアイテムを試してみて、
一番合う方法を見つけておくこともひとつの方法。

ただ、ダイソーのシューズバンドは丈夫だし、
どんな人でもパンプスが脱げることはほぼないので、
対策グッズとしては、コスパもよくて優秀な商品ですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
みにー

はじめまして、食べることとファッションが好きな小柄女子・管理人の【みにー】と申します。身長145cm、体重はごにょごにょ(笑)ちょっとぽっちゃり体型でしたが、最近ダイエットして-3kgを達成!ダイエットや低身長でもバランスよく見えるコーデと洋服のお直しとサイズの調整方法を中心にご提案しています。

みにーをフォローする
洋服のお直しとクリーニング
みにーをフォローする
低身長のコーデ&食べるの大好き女子のファッションとダイエット
タイトルとURLをコピーしました